2014年03月27日

リスニングパワーの効果〜映画の単語が徐々に聞き取れるようになりました〜

手順どおり毎日継続していたところ10日ぐらいで、
効果があると感じました。
英語の映画でこれまでまったく聞き取れなかった単語が
徐々に聞き取れていることに気づきました。
効果が出てくると楽しいですね。

引用:手順どおり継続すれば効果があります

これで、リスニングパワーに
書いてあることが本当である
ということが証明されましたね。

いや、ウソだったかもしれませんね。

10日ですからね。

リスニングパワーに書かれているのは、
2週間後ですから、14日後ですもんね。

4日間ウソですね。


いずれにしても・・・

目に見えて効果があるというのは、
良いですよね。


ゲームと同じですからね。

モンスターを倒すことでレベルが上がる。
これが目に見えてわかるから楽しいわけです。

ところが、実際の勉強はわからないんですよね。

効果が出ているのか出ていないのか
全く分からない。

そして、何にも変わってないんじゃないかと思って
やめてしまうわけです。

効果があるかどうかもわからないものを続けられないですからね。

RPGだって、いくらモンスターをやっつけても、
レベルが上がっているか上がっていないか
分からなかったら嫌ですよね?

取りあえず、モンスターを倒して、
強くなっていっているらしいんだけど、
どのくらい強くなっているのかはサッパリ分からない。

そんな状態で続け得られるかというと、
かなり厳しいと思います。

なので、ゲームも勉強も実は同じなんですよね。

ただゲームが続けやすいのは、
目に見えて効果が分かるからです。
勉強の場合、効果が見えにくいから続けられないんです。

では、リスニングパワーは?

10日〜14日間で、
効果があることが実感できるわけです。

だから楽しいし続けられるわけですね。

ゲームと同じですから。
posted by リスニングパワーの効果・口コミナビ at 18:54| Comment(0) | リスニングパワー 効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月26日

リスニングパワーの効果〜英語が聞き取れるようになります〜

耳が英語に慣れると言う点では、効果はあります。
聴き取る事はできるようになるけど、
知らない単語は自分で調べないと訳せないから、
ある程度の単語を知らない人は、自分で復習しないと駄目ですよ。

引用:買って良かったです

リスニングパワーは
英語が聞き取れるようになる教材です。

なので、単語がわからなければ、
意味は分かりません。

でも、聞き取ることはできます。

どういうことか? と言いますと、
日本語で考えてみると分かりやすいと思います。

日本語で意味が分からない単語ってありますよね。

誰かと話していて、何か言われたんだけど、
その意味が分からないという単語。

そういった経験は1度や2度ではないと思います。

誰もが経験しているはずです。

何でも知っているなんて、ありえないですからね。

じゃあ、そういう分からない単語を言われた時って、
言い返すことはできますよね?
ひらがなで書くこともできますよね?

それでも意味が分からない。

こういった感覚ですね。

リスニングパワーを聞くと、
この状態にまでは持って行くことができます。


なので、後は単語を知っているか知らないか
それだけになるわけです。

単語の発音から意味から全部知らないといけない状態なのか?
それとも、発音は分かってるけど、意味が分からない状態なのか?
この差をどう感じるか? といった所ですね。

どっちも同じだ! というのであれば、
リスニングパワーはいらないと思います。

発音と意味と両方とも覚えていってください。

反対に、発音だけでも分かっていれば、
だいぶ楽になるというのであれば、
リスニングパワーはオススメですね。
posted by リスニングパワーの効果・口コミナビ at 18:36| Comment(0) | リスニングパワー 効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月25日

リスニングパワーの効果〜LとRの違いが分かるようになりました〜

曖昧だったLとRの違いが確実に理解できたのが一番の収穫。
あと発音を聞いてアルファベットが頭に浮かぶようになりました。

引用:個人差が

LとRの違い。

これ難しいですよね。

日本人が一番できないアルファベットってことで
有名ですが、本当に難しいです。

聴いた当初なんて何が違うのは、
全く分からなかったですしね。

同じ音を発してるだろ! みたいな。

それがリスニングパワーをやると、
聞き取れるようになるんですよね。

なぜか?

日本人の苦手な所を熟知しているスコット先生が
作ったリスニング教材だから。


数多くの日本人を教えてきて、
英語ができるようにしてきた先生。
そういった方がいますか? という話なんですよね。

結局、いないですよね。

だから、英語といえば、「外国に行って覚えてこい!」
ということになってしまうわけです。

誰も教え方がわからないから。

でもスコット先生は?

それが分かる(・∀・)!!

これ大きくないですか?
posted by リスニングパワーの効果・口コミナビ at 15:01| Comment(0) | リスニングパワー 効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。